コンクール概要

4回目から改称2016年 第4回 スペイン音楽ピアノコンクール

主 催

スペイン音楽ピアノコンクール実行委員会
(実行委員長 山崎 崇)

共 催

スペイン国営セルバンテス文化センター東京

後 援

在日スペイン大使館
株式会社ディアパソン(ピアノ)
株式会社ホクトエンジニアリング
エンゼルミュージック
社団法人全日本ピアノ指導者協会 ピティナ(PTNA)
株式会社河合楽器製作所(ピアノ)

募集部門

◇初級部門 (小学生対象)
◇中級部門 (中・高校生対象)
※中高生徒は上級部門での参加可(但し重複申しみは不可)
◇上級部門
(音大・大学院生等、音楽を専門に学んでいる方、又は同等の能力ある方で応募の時点で40才迄)
◇アマチュア部門 (どなたでも参加出来ます。年齢不問)
各部門国籍は問いません。

表 彰

初級部門

1位・2位・3位
・コンクールの賞状&盾
・スペイン国営セルバンテス文化センター東京賞状

中級部門

1位・2位・3位
・コンクールの賞状&盾
・スペイン国営セルバンテス文化センター東京賞状

上級部門

1位
・最優秀スペイン音楽グランプリ
・スペイン大使杯
・コンクールの賞状
・スペイン大使館賞状
・スペイン国営セルバンテス文化センター東京賞状
2位・3位
・コンクールの賞状&盾
・スペイン国営セルバンテス文化センター東京賞状
アマチュア部門
1位・2位・3位
・コンクールの賞状&盾
・スペイン国営セルバンテス文化センター東京賞状

入賞者のための演奏会コンサート

2016年4月30日(土)会場:スペイン国営セルバンテス文化センター東京

2016年 第4回 本選・予選審査委員の先生方

(変更になる場合もあります)

菅野 潤(ピアニスト)

桐朋卒業、バルセロナ・カレーロ音楽院教授を努め、ロンドン、ポルト、メシアン(パリ)、セニガリア、イブラ等の国際コンクールの審査員。

庄司美知子(ピアニスト)

桐朋卒業。スペイン・ピレネー音楽祭、バルセロナ国際フォーラム、ウィーン音楽セミナーの招聘ピアニスト、各地のコンクールの審査員。

上原由紀音(ピアニスト)

A・ルイス=ピポ、A・デ・ラローチャの各氏に師事。スペインハエン国際ピアノコンクールの審査員を務める。国立大学法人琉球大学教育学部教授。

Daniel Kujavec ダニエル・クーヤヴェツ(ピアニスト・作曲家)

スペイン北部サンタンデール生まれ。国立モスクワ音楽院卒業、スペイン各地でのコンサート活動、生粋スペイン人。

児玉さや佳(ピアニスト)

桐朋学園大学音楽学部卒業後、ウィーン市立音楽院、マーシャル音楽院(バルセロナ)を経て、ケルン音楽大学卒業。アリシア・デ・ラローチャに師事。

下山静香(ピアニスト)

桐朋学園大学卒業。99年、文化庁派遣芸術家在外研修員としてマドリードへ。故R.M.クチャルスキのもと、スペイン音楽研究を深める。C.ガリガ、故C・ブラーボ(モンポウ夫人)、故A.デ・ラローチャに師事。スペイン各地に招かれリサイタルを行う。

近岡直人(ピアニスト)

桐朋学園大学卒業。東京藝術大学大学院ピアノ科修士課程修了。NHK交響楽団員、読売日本交響楽団員との室内楽演奏など、数多くの演奏家と各地で共演。ル・ブリアンフランス音楽コンクール優秀賞受賞。
特別審査員 Antonio Gil de Carrascoアントニオ・ヒル・デ・カラスコ、スペイン国営セルバンテス文化センター東京(館長)

2013年 第3回 本選審査委員の先生方

菅野 潤(ピアニスト)

桐朋卒業、バルセロナ・カレーロ音楽院教授を努め、イタリア、スペイン、ポルトガル、韓国及び日本国内でも、演奏活動・公開講座を行う。ロンドン、ポルト、メシアン(パリ)、セニガリア、イブラ等の国際コンクールの審査員として招聘されている。

庄司美知子(ピアニスト)

桐朋卒業。スペイン・ピレネー音楽祭、トスカーナの夏、ユーロ・ミュージックフェスティバル(韓国、プラハ)、バルセロナ国際フォーラム、ウィーン音楽セミナー、アメリカピアノ教育連盟 、韓国等の招聘ピアニスト、各地のコンクールの審査員や公開レッスン、公開講座の講師を務める。ピティナ正会員、ピティナステーション育成委員。

上原由紀音(ピアニスト)

A・ルイス=ピポ、A・デ・ラローチャの各氏に師事。エコールノルマル音楽院終了。グラナダ音楽院、キューバ国立芸大にて講座やレッスン、スペインハエン国際ピアノコンクールの審査員を務める。
2013年より国立大学法人琉球大学教育学部教授に就任する。
Daniel Kujavec ダニエル・クーヤヴェツ(ピアニスト・作曲家)

スペイン北部サンタンデール生まれ。ヘスス・デ・モナステリオ音楽高校を経て国立モスクワ音楽院卒業、スペインのサンタンデール、ヤネス、トレラヴェガ、サンティヤノ・デル・マルの各地、また日本においてもソロ演奏の他、室内楽やオーケストラとの共演、作曲活動、スペイン文化イベントへの出演等、精力的に音楽活動を行っている。

鈴木 豊(ギタリスト)

スペインのアリカンテに在住しホセ・トーマスに師事。またナルシソ・イエペス、ホセ・ルイ・ゴンサレスに学び第16回東京国際ギターコンクール第2位入賞、日本演奏連盟盃、東京新聞社賞等を受ける。(社)日本ギター連盟正会員
特別審査員 Antonio Gil de Carrasco
アントニオ・ヒル・デ・カラスコ
スペイン国営セルバンテス文化センター東京(館長)
第3回 予選審査員の先生方

児玉さや佳(ピアニスト)

桐朋学園大学音楽学部卒業後、ウィーン市立音楽院、マーシャル音楽院(バルセロナ)を経て、ケルン音楽大学卒業。アリシア・デ・ラローチャ、ジャン・ファシナの各氏に師事。室内楽を毛利伯郎、岩崎淑、フランソワ・ギュイエの各氏に師事。ピアノ即興演奏をガリーナ・ブラチェバ氏に師事。

神谷朱里(ピアニスト)

桐朋学園大学卒業。アメリカ、フランス留学を経て、スペインに留学。2011年にはスペインで最も古い歴史を持つ音楽祭にスペイン文化省の奨学金を得て渡西。J・Colom、故A・Iglesiasのもとでスペイン音楽を学ぶ。第56回スペイン音楽国際講習会ではアンドレス・セゴビア-ホセ・ミゲル・ルイス・モラーレス賞を受け、カトリック両王パラドール王立礼拝堂に出演し高評を得る。

川口成彦(ピアニスト)

東京藝術大学音楽学部楽理科卒。2009年第2回青少年のためのスペイン音楽ピアノコンクール第1位、および最優秀スペイン音楽グランプリ受賞。2013年ローマ・フォルテピアノ国際コンクール〈M. クレメンティ賞〉に優勝。2012年にはマドリッドにてJ. A.ムニョス、A.ベナビデスの各氏にスペイン音楽を学ぶ。

下山静香(ピアニスト)

桐朋学園大学卒業。ヨーロッパ各地の音楽祭で研鑽を積む。99年、文化庁派遣芸術家在外研修員としてマドリードへ。故R.M.クチャルスキのもと、スペイン音楽研究を深める。その後、バルセロナのマーシャル音楽院にて、C.ガリガ、故C・ブラーボ(モンポウ夫人)、故A.デ・ラローチャに師事。スペイン各地に招かれリサイタルを行う。
2003~2011東京芸術大学、2008~桐朋学園大学非常勤講師。